腹筋は生活する上で一番身近な筋肉であるだけに、筋トレを本格的にやらない方にも鍛えることが多い部位と言えます

「おまえ腹筋割れてるじゃん!すげー!」

「おれ毎日腹筋100回やってるよ(ドヤ)」

『なんも鍛えてないけど元々腹筋割れてるし!」

のような会話一度はしたり聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回は

●鍛える上でどの方法が正しいのか

自分の腹筋に関する知識が正しいのかどうか

今の認識は間違ってないか

ということを確かめることが出来る素朴な疑問Q&Aを紹介していきます

腹筋の正しい知識と認識

腹筋Q&A

Q  腹筋何百回やった!とかは意味あるの?

A  回数を多くやる筋トレも効果はありますが、どういう筋肉にするかの目的の違いです。回数を多くこなす筋トレは筋持続力(筋肉の持久性の向上)を鍛えるもので筋肉太りは起きません。

筋肥大を目的とするなら812(RM)回が限界回数を3セットこなす腹筋が効果的です

なのでよく聞く腹筋何百回やったというのは、腹筋の持久力を高めるためで長時間継続的に腹筋を動かし続けることが出来るようになるトレーニングになるので、腹筋を割りたい方やガチがちなシックスパックを作りたいという方には不向きな筋トレ方法となります

Q 腹筋を普通にやっても20回くらい出来てしまうのですが、8~12(RM)回が限界になるようにするにはどうしたら?

A スロートレーニングがおすすめです。起き上がる動作やスタートポジションに戻す動作をスローにゆっくり行うことで1回を高負荷なトレーニングにする方法です

起き上がるのに5秒、戻すのに5秒といった具合でやることを言います

他にはダンベルやメディシンボールなど負荷になるものをもって行うウェイトトレーニングも有効的です

Q 腹筋は負荷を与えにくいの?

A 腹筋をすることの動作自体は割と出来るのですが、他の筋肉を使ってしまったりや腹筋を意識しずらいという点から腹筋に負荷を与えにくいと言われています

正しく有効的に負荷を腹筋に与えるには、動作に勢いや反動をつけないことで非常に意識しやすいです

Q 腹筋は毎日やっても大丈夫って本当?

A どれだけ腹筋に効かせているかによりますが、腹筋を意識しにくかったりする初めの時期は毎日でも大丈夫です。

腹筋に負荷を与えることが上手く出来るようになったりある程度経験を積んでいくことが出来たら2448時間(12日)の休養を与えるようにしましょう

また筋肉痛がある場合は、痛みが取れてから改めて筋トレを行うのがベストです

「腹筋は毎日やっても大丈夫だよ!」なんて知識を広める方がよくいますが、ただ的確に負荷を与えれてないことや追い込みが足りないという理由がほとんどなので毎日やることで非効率で無駄な時間になってしまいます

腹筋を毎日継続することに満足するのではなく、一回でどれだけ負荷を与えれるかを意識しましょう

Q 腹筋も筋肉痛来るの?

A 腹筋にも筋肉痛はもちろんあります。

しかし腹筋は負荷を与えにくい部位であることから、筋肉痛が来にくいという認識が多いのが事実です

逆に言えば腹筋は日常でも朝起き上がる動作や椅子から立ち上がる動作など使う場面が多くあるので、筋肉痛があると一番わかりやすい部位でもあります

Q 普通によくある寝て起き上がるを繰り返す腹筋でも効果はあるの?

A 効果はないことはありませんが、腹筋は腹直筋・腹横筋・腹斜筋を鍛えることでより早く効果を実感できるのでそれぞれの部位に効く筋トレを行っていくことがおススメです

Q 腹筋をすることで体脂肪も落とせるの?

A 腹筋をしても体脂肪は落とせません!

腹筋をして筋肉をつける作業と体脂肪を落とす有酸素運動は全く別物です

Q 有酸素運動を腹筋は並行してやった方が良いの?

A まずは腹筋を筋肥大させるための筋トレだけをしましょう! 有酸素運動はその後です!

有酸素運動は、体脂肪を燃焼するのは当然のことながら筋肉も落としてしまいます

ある程度体重を増やし筋肉を増やすことで、基礎代謝も向上します

なので最初から並行してやるよりも効率的に脂肪を落とすことが出来るので、まずは炭水化物やたんぱく質を摂取し体重を増やし筋肉を大きくすることを第一と考えましょう

Q 腹筋は元々割れてるものなの?

A 腹筋は元々割れている筋肉であって、それが腹部の表面に見えてるか見えてないかの違いです

Q 元々腹筋が割れてるのが分かる人いるけど、体質の差なの?

A 元々腹筋割れてる人は、裏で密かに筋トレをしていない限りただのガリガリな痩せ型なだけです

腹筋が見えるようにするには、体脂肪を燃焼させることと腹筋を筋肥大させる二つが有効的な手段ですが痩せてる人は体脂肪が少ないので腹筋が見えるという仕組みです

まとめ

✅腹筋に関する間違った知識は意外と多い

✅継続することに満足するのではなく、負荷を正しく与えてるかの意識が重要

✅腹筋を筋肥大させる近道は、腹筋(腹直筋・腹横筋・腹斜筋)をバランスよく鍛える

✅動作の際に勢いや反動を使わないで行うことで腹筋に意識と負荷を集中させやす

おすすめの記事